よくばりおけいこ あいうえお ABC

知育・おもちゃ

うちの下の息子ダイが2歳のクリスマスに、義姉からいただきました。

このタブレット。

うちには長女リナがいたので、当時、ダイに必要な大体のおもちゃはそろっていました(男の子のおもちゃ以外)。

もちろん、ひらがなやカタカナを覚えるおもちゃもありました。

けれどもダイは全く興味を示さなかったですし、そもそもまだ2歳だったので、こっちも期待はしていませんでした。

けれども、このおもちゃが、ダイには面白いほどはまりました。

以前にも書きましたが、長女リナは生まれてからずっと、蝶よ花よと愛でられ育ったので、8歳の今もまだまだ現役のかまってちゃん。

何をするのも親と一緒が良いタイプ。

一方ダイは、基本放置され、ときにリナのおもちゃにされ育ちました。

だから小さいころからリナが相手にしてくれないときは、勝手に遊んでいました。

この「よくばりおけいこ あいうえお ABC」をいただいたとき、最初は無反応でした。

でもある日、音が鳴るっていうことに気が付いたんです。

そこから、もう一心不乱にボタンを押し続け、1か月もしないでひらがなを全て読めるようになりました。

ダイが楽しそうだと、反応するのがお姉ちゃんのリナ。このとき5歳。

むしろリナにちょうど良いおもちゃになりました。(軽く奪われました)

このおもちゃの良いところ(少し大きくなっても楽しめるところ)が、録音機能。

自分の好きなひらがなを打つと、それを録音、再生できるんです。

その機能に見事はまり、しばらくは二人で遊んでいました。

まあ、子供が考えることばなので、録音する内容も適当なもんでしたが・・・

このタブレットの優れているところをあげると、

コンパクトなのにひらがな、アルファベット、数字が覚えられ、ピアノまで弾けること。

力のない小さい子が押しても音が出ること。

録音機能でさらに楽しめること。

少しわかりにくいなと思ったところは、濁音、半濁音と小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」「っ」が付く言葉。

濁音、半濁音の場合・・・

例えば「が」のとき、最初に『 ゛』を押してから『か』を押さないといけません。

小さい「ゃ」「ゅ」「ょ」「っ」に至っては、録音機能でしか正しく聞くことはできず、普通に押すと、

『でんしゃ』 ⇒ 『でんしや』  に聞こえます。

ただ、これを録音してから再生すると、きちんと『でんしゃ』と言ってくれます。

この点が子供には少し難しいかなと感じました。

まあ、この不満を打ち消すくらいに、我が家にはとても役に立ちました。本当に。

手軽に始める幼児教育にぴったりなのではないかな、と思います。

ちなみに、今でもたま~に遊んでいますが、だいぶ成長したので?録音する内容が、下ネタだったりします・・・

上のお姉ちゃんまでもがゲラゲラ笑ってます・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました