赤青色鉛筆

子ども

娘の小学校では毎月一度、計算力テスト、漢字力テストがあります。

感覚派の長女リナはお勉強も雰囲気でやっていきます。

それは漢字も例外でなく、雰囲気で書くので、正しく書けない字が結構多い。

以前はいちいち宿題を見て、その都度注意をしていたのですが、お互いイライラして、親子の仲がすこぶる悪くなったので、最近では漢字力テストが近づくと、これは引っかかりそうだなぁって言う漢字の問題を作って、それを書かせるって言うことをしています。

(どうやって作っているかは、機会があれば、いずれ書きます。)

で、漢字力テストが近づいてきたので、昨夜、子供達が寝た後に、問題を作ろうと思い、娘のランドセルを開けたんです。

漢字ドリルを見るために。(用事がなければ基本的に勝手には開けません。中身が怖いので・・・)

そうしたら、、、、

何故かむき出しの赤青色鉛筆がランドセルに入っている教科書、ノートの上に置いてありました、、、

(赤青色鉛筆っていうのは、昔からある片方が赤、もう片方が青で書ける色鉛筆です)

まあ、これはリナの定常状態。

呆れはするけど、びっくりはしません。

ただ、このままでは学校に行ってランドセルを開けた瞬間、転がり落ちるのは目に見えたので、筆箱に戻してあげようと筆箱を取り出しました(優しさです)。

すると取り出した瞬間、筆箱が爆発して鉛筆や消しゴムが飛び出してきました。

リナはまだ低学年なので、筆箱の蓋はマグネットでつくもの(よく入学時に買うタイプのやつ)なんですが、このタイプって鉛筆と消しゴムをきれいに並べて入れられないと蓋が閉まらないんです。

そして、その状態を予測せずに筆箱を持つと中身がでてきちゃうんですね、、、

まあ、これも良くあることといえば良くあること。

リナの性質を考えれば予測可能ではあったはず。

そして筆箱の中身をよくよく見ると、ランドセルを開けたときに見つけた赤青色鉛筆とはべつの、赤い色鉛筆と青い色鉛筆が、一本ずつ入っていました。

しかも2本ともメーカーが明らかに違う(片方は六角形、片方は丸い色鉛筆)。

しかも2本とも芯が折れていてそもそも書けない、、、、

しかも黒い鉛筆はしっかり削られてる。

ここまでくると理解不能。

おそらくですが、

赤青色鉛筆を(きちんと片付けず)なくした。

→  私に言うと「また無くしたの???」と言われるから、私には言えず、そこら辺にある色鉛筆で代用した。

→ なぜか色鉛筆は削らなかった。

→ 学校の準備が終わった後に赤青色鉛筆を発見。

→ 筆箱にしまうのは面倒くさいのでとりあえずランドセルの蓋を開けて入れた(置いた)

と推理しました。

今朝、リナに聞きました。

私「ランドセル開けたら赤青色鉛筆が置いてあったから筆箱に戻しておいたよ。そうしたら筆箱が爆発したんだけどなんでかな?」

リナ「ちゃんとしまわなかったから、、、(気まずそう)」

私「筆箱に赤と青の色鉛筆が入っていたけど、あれは何の色鉛筆?」

リナ「えっとー、赤が家ので、青が学校の色鉛筆(結構堂々と答える)」

私「なんで削らなかったの?」

リナ「・・・わからない。」

母はもう少しでいいから、しっかりしてほしいと切に願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました