我が家のテレビ事情①

子ども

姉弟二人いると、性別も年齢も違うし、見る番組も違うのかな~って弟ダイが生まれた後は少し思っていました。

姉の長女リナは、生まれたときはもちろん兄弟なんていませんでしたし、親もおもちゃもテレビも何もかも、全てのものごとが独占状態でした。

取り合いゼロ。

すべてが彼女の思うがまま。

0歳のころから彼女が泣きやまなければ、録画していたEテレの『いないいないばあっ!』が永遠に再生され(これがびっくりするくらい泣き止む)、

1歳のころには、これに加えて『アンパンマン』や『こどもちゃれんじ』のDVDなどが何度も何度も再生されました。

この『アンパンマン』、子供にはすごい魅力的なんですよね。

もれなくリナも、見事にはまりました。

子供がはまると、親もその気持ちに答えたくなり、(ひまつぶしに)休日にアンパンマンショーに出かけることもしばしば。

そして、リナがはまったキャラクターは(なぜか)『ロールパンナちゃん』と『ばいきんまん』。

毎日自宅で繰り広げられるアンパンマンごっこ。

正直、結構大変でした。

ご存知の方も多いと思いますが、この『ロールパンナちゃん』の攻撃は、新体操で使われているのと同じスティック付きリボン『ロールリボン』をくるくると回すことで繰り出されます。

アンパンマンごっこで、リナが『ロールパンナちゃん』をやると、敵であろうと味方であろうとこの『ロールリボン』でやられてしまうし(おもちゃを振り回すので結構痛い)、

リナが『ばいきんまん』をやると、どんな攻撃をしても『ばいきんまん』はやられません。

『アンパンマン』の基本設定として、『ばいきんまん』が負けないと終わらないのに、とにかく強い『ばいきんまん』なので、いつまで経っても終わらないんです。

小さいころ、おままごとなんて一切やってこなかった私には、まさに苦行でした、、、、

しかし、長く続いたアンパンマンブームも、3歳3か月、おむつが外れるとほぼ同時に終了。

その後『プリンセスブーム』、『プリキュアブーム』など女の子が好む番組を経て、現在は『ドラえもん』『ちびまる子ちゃん』『キラッとプリ☆チャン』『はなかっぱ』などを中心に日々見ています。

一方、弟のダイ。

生まれたときから、すでに我が家の天下を取っていたリナの弟として生まれたので、基本的に決定権はありませんでした。

リナが幼稚園に行っているときは『いないいないばあっ!』は見ていましたが、帰ってくれば『ちいさなプリンセスソフィア』や『おかあさんといっしょ』、『プリキュア』などを一緒に見ていました。

びっくりしたことは、誰しも一度は通るといわれている『アンパンマンブーム』が彼にはなかったんです。

これは、全く見せなかったわけではなく、リナを説得して何度か見せました。

リナがいないときも見せました。

でも「アンパンマンみない」って自分から言うんです。

お姉ちゃんが好きなものを見るというのがダイの基本でした。

そんなダイも二回だけ、男の子らしいブームがきました。

2歳ころ(←第2子のため記憶があいまい・・・)の新幹線ブーム。(ひたすらDVDを見ていました。)

4歳ころの戦隊ものブーム。

それぞれ数か月ずつ。

もはやブームだったのかなんなのか。

新幹線は食い入るように見ていたのに、自然に飽き、戦隊ものに至っては、あるとき急に怖くなり、むしろ嫌いになってしまいました。

わが子二人に共通するところは『怖い番組が嫌い』ということ。

この『怖い番組』というのは、人が傷つけあうもの。

だから、戦隊ものだけでなく、『名探偵コナン』『鬼滅の刃』など、人が殺されるものも見ません。(見られません)

普通のニュースも色々と物騒な事件が流れると消されます。

話は変わりますが、小さいころは毎日1時間とかそれ以上見ていたテレビですが、

現在、我が家の子どもが見るテレビ時間は基本1日20分と設定しています。

毎日、色々録画してあるものから、子どもたちが相談して何を見るか決めています。(大体リナが決めます。)

30分のアニメだとオープニングとCMをとばすと20分。

『おしりたんてい』は20分、『はなかっぱ』2回分で20分。

途中で終わることもないことはないですが、大体見られます。

厳しく感じる方もいると思いますが、うちの子たちはこの20分を楽しみに日々過ごしていますし、現状20分で不満は全くでません。

もちろん、日曜日などは(私が見たい番組を)30分以上見ることもありますが・・・

夫はテレビっ子なのでもっともっと見たそうですが、子供が起きている時間はできるだけ協力してもらっています。

なぜ時間を決めているか、どうして20分なのかは理由があるんです。

これについては、後日書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました